いわて駐在研究日誌2。

NEVER STAND BEHIND ME

VAWT翼型最適化(1)

子育てしてると時間の感覚がなくなってしまっていかんな。もう6月半ばになってしまった。7月上旬に岩手大で発表するのに間に合わせるために、ちゃんとやらねば。

 

VAWT用2次元翼型の形状最適化を行いたいのだが、メッシュの自動生成でblockMeshではなかなか狙った形状にならないということで、sHM, cfMeshでやることにした。

流れ的には以下の通り、

(cfMeshの場合)

  • 2次元翼型形状(修正PARSEC)の設計変数をもとに、ribbon状態のSTLデータを作成(自作python
  • cfMeshでrotorZoneのメッシュ作成(cartesian2DMesh)
  • mergeMeshesコマンドでstatorZoneメッシュと結合
  • pimpleDyMFoam

※ cfMeshの難点は、ベースメッシュが対称にならないこと。

(sHMの場合)

 

  • 2次元翼型形状(修正PARSEC)の設計変数をもとに、ribbon状態のSTLデータを作成(自作python
  • blockMeshでベースメッシュ作成
  • sHMでrotorZoneのメッシュ作成(extrudeMeshで2D化)
  • mergeMeshesコマンドでstatorZoneメッシュと結合
  • pimpleDyMFoam

まずはこれらのAllrunスクリプトを作ろう。