いわて駐在研究日誌2。

NEVER STAND BEHIND ME

動的なsolidBodyMotionFvMeshのライブラリ作成

OF、あるいは、動的メッシュ機能をもつたいていのCFDソフトは、メッシュの移動・回転速度を指定して計算するのが一般的だろう。

 

風車の研究をしているので、ブレードトルク→回転の運動方程式→角速度→回転角のような動的なメッシュ移動ができないか試行錯誤しているが、自分のC++の知識ではOFのC++の高レベルの利用に追いついていけず、遅々として進んでいない(一応それらしい動きができるようにしてみたが、回転の運動方程式をfunctionObject機能を利用して外部で解いているので、次のステップとして、できれば全部OFの中でクローズしたいと考えている)。

 

もっと時間をかけてC++勉強しないとだめだなぁと思いつつ、いろいろ調べてたらそのようなライブラリを使用している論文を発見(Goong Chen et al, "OpenFOAM computation of interacting wind turbine flows and control(I): free rotating case", WPのpreprint?)。2014年かということで、自分がアイデア考えだしたころに論文になってたということになる。ちょっと残念。Chen先生は結構OF関連では、論文を出してるみたいだ。

 

彼らの論文によると、OF-extendを利用して(???明確な記述なし)、solidBodyMotionFvMeshからforceDrivenFvMeshというライブラリを作成し、その中で、forceDrivenMotionFunction( FDRotatingMoton, codedFDRotatingMotion)の回転計算functionを定義して利用しているようである。

 

ライブラリ自体のあまり詳しい情報は小論文にのっておらず、ネットでも検索でヒットしないので、情報を得るには直接コンタクトするか、CFDonlineに聞くしかないようだ。もう少し調査しつつ、正規版4.xでも作れないか作業してみたい。