いわて駐在研究日誌2。

NEVER STAND BEHIND ME

includeAngleとresolveFeatureAngleについて

いまさらながらsHMねたです。

 

STLで出力した図形のresolveFeatureAngleをうまく設定するには、paraviewのFeature edges filterを使うと、角度毎に表示させて確認ができる。この値をsHMDictで指定すれば良い。

 

surfaceFeatureExtractDictに指定するincludeAngleは、

includeAngle⁼180 - resolveFeatureAngle

でOK。