いわて駐在研究日誌2。

NEVER STAND BEHIND ME

Nusselt Numberの計算

BrunoさんのUtilityをベースに、各パッチのNu数を計算するユーティリティコマンドを作成してみたが、Nu数が小さいなー。どっか計算が間違ってる?

heatFluxの計算

勉強会で質問があって、ヌセルト数の計算について調べています。 その前に、そもそもheatFluxの計算はと思い、ソースを眺めていたところ、OF23x付属のwallHeatfluxユーティリティは、どうも圧縮性を想定しているようで、thermoPhysicalPropertiesファイルを…

CFDEM(OF+LIGGGHTS)その3

TUTORIAL(CFDEM) 以下のチュートリアルが付属している(OFのケースファイル)。 cfdemTestTUTコマンドで連続実行ができる...が、うまく動いている感じがしない。途中でevinceが起動したりするが、ファイルが見つかりませんというエラーになっている。 (11/28…

CFDEM(OF+LIGGGHTS)その2

LIGGGHTSのビルド Installing LIGGGHTS on Ubuntu 12.x · CFDEMproject/LIGGGHTS-PUBLIC Wiki · GitHubを参考に、 serial版 cd LIGGGHTS_CFDEM/LIGGGHTS-PUBLIC/src cd STUBS make cd .. make serial ./lmp_serialLIGGGHTS (Version LIGGGHTS-PUBLIC 3.0.6, …

CFDEM(OF+LIGGGHTS)

ダウンロード ここからインストラクションをダウンロードする。要登録。 http://www.cfdem.com/download インストール&テスト インストラクションに従って、gitレポジトリから、LIGGGHTSとCFDcouplingをgit cloneしてくる。 環境変数は下記の通り、~/.bashr…

OpenFOAM+DEM

しばらくぶりに調べてみる。 1)OF本体に含まれるDEMソルバー DEM(個別要素法)のソルバー自体はOF2.0から含まれていて、lagrangianソルバーとして、幾つかのチュートリアルもすでにある。 ソルバーとしては、以下の通り。 [waku@ensis10 lagrangian]$ pwd…

OpenFOAMと外部プログラムの連携方法

OpenFOAM+外部プログラムの連携方法について調査中。 連携の形には、いくつかの形式がある。 外部ソルバーから境界条件などを設定し、OFのケースを計算する。 OFケースの一部として例えばタイムステップ毎に外部プログラムを呼び出す。 前者の例としては、D…

OpenFOAMメモ

昨晩から調べてて、いまさら気がついたことをメモ (1) blockMeshDictで直接cellZone名を指定できる。 hex ( 0 1 2 3 4 5 6 7) rotor (20 40 1) simpleGrading ( 1 1 1) (2) mergeMeshesは、一度に2つしかマージできない。 たとえば、stator, rotor1, rotor2…

DAKOTA 6.0(その4:最適化手法のためのキーワード)

キーワード 設計変数(ベクトル):入力となる変数、寸法、座標、回転数、流量など制約条件:設計変数空間での制約条件(しばしば物理的な制約や、実際の製作時の制約条件)目的関数:設計変数に対する性能(出力)関数。複数の場合もあり。応答曲面:設計変…

必ず1時間で終わらせる会議術

必ず1時間で終わらせる会議術を自分の出ている会議にあてはめてみる | ICHINOHE Blog なるほどと思ったのでメモ。ちょっとだけ当方の現状に合わせてアレンジ アジェンダは前日(できれば24時間以上前)のうちに関係者にメールする 議題ごとに時間を割り振る…

dakota 6.0(その3)

Joel Guerrero's Flubio Home Page ここにあるNACA4の形状最適化問題(設計変数は最大キャンバーと最大キャンバー位置(翼厚比一定)、目的関数:L/D最大化)は、dakota 5.4+OF2.3+openscadで計算されている。 今後は、6.0系を使いたので、dakota_of.inを…

久しぶりに何もない1日

プロコンやらイベントが続いて10月中旬は何も出来ず...。 ・科研費申請書 ・某大学の共同研究計画書(こちらへの配分は0円だけど) を提出したので、さしあたりの締切ありの書類仕事もない。 現状、タスクリストに並んでいるのは、 ・共同研究先から依頼…

dakota 6.0(その2:DAKOTAとOFの連携TIPS)

調べたところ、Dakota6.0/5.4/5.3のライブラリlibsampling.soと、OFのライブラリの名前が重複しているので、Dakotqのほうのライブラリ名をちょっと変えたものをソースからインストールする。 1)準備(CentOS6.5) cmake 2.8.4以上(5.4)/2.8.8以上(6.0)→標準r…

dakota 6.0(その1)

まずはユーザーマニュアルに従ってRosenblock関数の最小値の計算問題でテスト。 Rosenblock関数は、最適化問題のテストとしてよく出てくる。 目的関数:f(x1,x2)=100*(x2-x1^2)^2+(1-x1)^2 設計変数:x1,x2 制約条件:|x1|≦2,|x2|≦2 ※最大値:f(-2,-2)=3609, …

dakotaのインストールと6.0/5.4の違い

dakotaのインストール SNLのサイトからバイナリパッケージをDL 必要なOS側パッケージをインストール yum install boost boost-system boost-signals boost-regex boost-filesystem blas lapack openmpi openmotif libX11 libXau libXext libXmu libXp libXpm…

sedで特定の複数行を複数行で置換

※ もっと賢いやり方があるはずです(確信)。 こいつ↓を、 AMIr { type patch; nFaces 200; startFace 131854; } こうしたい AMIr { type cyclicAMI; inGroups 1(cyclicAMI); matchTolerance 0.0001; transform noOrdering; neighbourPatch AMIs; nFaces 200…

python でコマンドライン引数をとり数値化する

python でコマンドライン引数をとり、数値化(float)する。 argv[0]はスクリプト名(****.py)が入るので、argcは引数の数より1つ多い。 引数は基本的にstringのため変換が必要。 import sys # for get argv argvs = sys.argvargc = len(argvs)print if (arg…

指導方法について

夏からいろいろ考えていたが、「研究する研究室」になれるよう、学生をどんどん”挑発する”ことにした。 学生をあげつらったり、からかったりするのではなくて、どんどん質問するということです。「この寸法はどうやって計算したのか?」「この文献の意義は?…

topoSetコマンド

OFでcellやfaceの集合を作るときは、setSetコマンドもしくはtopoSetコマンドを使用する。後者はsystem/topoSetDictで指定できるので、わかりやすいかも。 /*--------------------------------*- C++ -*----------------------------------*\| ========= | ||…

筋肉痛の週明け

今年は人手がたりないということで、嫁実家の稲刈りの手伝いを1日半ほど。コンバインではなく、歩きの稲刈り機で出てきた稲束をハサガケしていました。 田んぼのぬかるみで踏ん張るため、大腿部内側が超絶筋肉痛です。よい運動になりました。今年は2枚休耕し…

pythonでblockMeshDict

すごい力技だが、pythonの勉強もかねてblockMeshDictを出力するスクリプトを、ここ1週間ほどで書いてみた。 2次元のVAWTで、翼型はNACA4シリーズを出力できるようにしている。翼枚数は3枚前提だったり、はっきり行って汎用的ではないが、これをベースに改良…

OF+外部ライブラリ

OFの計算で冷媒ガスの熱物性値を参照したいと考え調査してみた。 事例としては、 ・OF+FreeSteam (水蒸気:IAPWSIF97) があっただけで、NIST REFPROP(最新版9.1)や、同様の機能を持つOSS版のCoolProp(最新版4.2.5?5系が開発中??)とOFとの連携事例は、…

1日体験入学

昨日、今日と学校行事の中学生向け体験入学を実施。午前中は説明役で、13:00~15:20までの自由見学は学生さんにトークをおまかせする。 こういう世代の違う子供に話す力を養うのも教育の一環と思う。 午前中、6回同じ内容をしゃべったせいか結構疲労感があ…

8月の個人的イベント諸々が終了

昨日の妹の結婚式をもって、8月に予定していた個人的イベントが終了したので、やれやれといったところ。二人ともお幸せに。 9月は職場関係の業務が多いのでメモメモ ・今週末の体験入学 ・学会1@仙台 ・報告会@八王子 ・部活合宿 ・学会2@仙台 ・エコラ…

ダクト内間欠流の計算3(groovyBC+DirectEulerAngleRotatingMotion)

入口・出口の圧力差と拙作DirectEulerAngleRotatingMotion(トルク>回転数>回転角を計算)の組み合わせてテストしてみた。うまく行っているかな。 ※ 画像は、はてなのアップロード容量を超えてしまったので、youtubeから。月たったの30MBというのはいかがな…

ダクト内間欠流の計算2

昨日の続きです。 inlet { type groovyBC; variables "p0=0.5;"; // =(0.5*U0*U0)/4 valueExpression "p0*(pow(sin(pi*time()/50),7))"; value uniform 0; } outlet { type groovyBC; variables "p0=0.5;"; // =(0.5*U0*U0)/4 valueExpression "p0*(-pow(sin…

ダクト内間欠流の計算1

とある用途のため、OpenFOAM(+swak4foam)で、ダクト内流れが間欠的に流れの向きが変わる計算をしているが、なかなかうまくいかない。現状の、境界条件は以下の通り。 0/U inlet { type pressureInletVelocity; value uniform (1 0 0); } outlet { type pres…

順調

検査に一緒に行ったけど、時間切れで仙台へ。 あとから聞いたら順調とのことで、一安心。

八幡神社でお祓い

日曜日は、うちの両親と義両親と嫁とで、市内の八幡神社でお祓いをうけてきた。 http://tamura-hachiman.com/mokuji.html 地元だと配志和神社が有名らしいけど、今回はアパートに近いところで。 前線通過の前後で風が強く、土砂降りになるかなと思ったけれど…

質素な生活を心がけたい。

とある人のブログを見ていて、自分の生活の無駄をいろいろ振り返る。 衣料関係はほとんどかかっていないけど(ユニクロとかアマゾン通販で年1回くらいでOK)、 ・コンビニでの思いつき買い ・ホームセンターでの思いつき買い ・本屋での思いつき買い この3…

Wind Turbine Technology Principles and Design(2014), CRC Press

午前中4コマ分の実験(実質3コマぐらいだけど)の後、2章を読み始める。合間に事務雑用。今年も職員の懇親会組織の集金が3万円弱。どうすっかねー。 健康診断の結果が戻ってきた。今年から中年メニューです。安定の体重過多(180cm/100kg)で引っかかったの…

Wind Turbine Technology Principles and Design(2014), CRC Press

先週末に届いたWind Turbine Technology - Principles and Design -を読み始める。 主に水平軸風車の設計などに書かれた本らしく、インターネットで比較的好評だったのでアマゾンで購入してみた。今日読んだ1章はさらっと前置きが書かれているだけ。2章にレ…

ご飯を食べない。

嫁さんがご飯を食べられないんだが、どうしたものか。 スイカだけどか、カブトムシのような食生活である。うーむ。

はやくも家族が増えました。

病院で確認したところ、7週2cmくらいだそうです。頑張れ。

FreeCAD + Python の連携2

最終的にやりたいことは「OpenFOAM+OpenMDAO」で流体計算による形状最適化なんだが、pythonでSTLのReader/Writerを作って(性格にはネットからの「かき集め」)みた。 もう1回流れを整理すると、以下の通り。 ・OpenMDAOの導入(done) ・FreeCADもしくはPytho…

FreeCAD + Python の連携1

最終的には、Linux環境でやるつもりだけれど、とりあえずWindows版でいろいろ確認。 環境 Windows 7 x86_64 + FreeCAD 0.13 32bit (Python 2.6.2 同梱) 準備 FreeCADを起動し、pythonコンソールを表示させる(表示されない場合は、表示 → ビュー → Pythonコ…

FT1新ファームウェア

前のバージョンアップで、タムロンの望遠が動かなくなったのでガッカリしていたが、今回のL1.20で、再度動くようになったとの情報が!さっそくファームアップした。 今度の引越し先近くの川には、かわせみがいるそうなので、日曜日の朝はカメラもって出撃す…

結婚しました。

式は挙げずに、入籍だけ。親戚同士の顔合わせはやりますが....。 こんな自分でも結婚してくれる人がいたことに感謝です。 これからは健康にもっと気をつけます。

Code_Saturne 1

注意: salome_mecaを既にインストール・設定ができていることが前提の記事です。 SL6.5 x86_64です。 OpenMPI, BLAS, libxml2などのシステムパッケージはインストール済みとします。(基本的にsalome_mecaに同梱のライブラリを使用しますが、libxml2はシス…

microORCシステム開発1

ORC

REFPROP 9.1を購入したので、ORCのシステム設計を開始。来年度前半くらいまでにシステムが組めると良いな。 まず、基本ランキンでタービン効率・発電機効率、ポンプ効率を考えたサイクルシミュレーションを実施してみた。媒体は水蒸気とR245FAで、文献値(エ…

OpenFOAMライブラリ開発6

計算をリスタートする時の処理がうまく行ってなかったんだが、shスクリプトとsed,awkをあれこれして何とかクリア。次は、並列計算の対応。 今回の場合、外部連携プログラム(Fortran)を動かすのに、OFに含まれるsystemCallを用いて起動shスクリプトを叩いて…

OpenFOAMライブラリ開発5

非定常入口流速境界条件の場合です。 慣性モーメントが小さいとレスポンス良く回ってくれます。当たり前の結果かもしれませんが。ただし、ローターが重いと安定して(風が落ちても回転数を維持して)回ってくれるという結果にもなっています。 非定常な境界…

OpenFOAMライブラリ開発4

昨日の動画をyoutubeにアップしてみました。ちょっと出力が荒すぎた感じがする...。 次のステップとして、入口の流速境界条件をswak4foamで非定常にしてみよう。 ここまで出来たら、とりあえず何処かに公開してみようかな。 2D Crossflow - YouTube

OpenFOAMライブラリ開発3

時間ステップを可変にすると10秒後ぐらいに発散するので(理由は不明)、時間ステップ一定で計算したところ計算はうまく進行した。 静止状態から無負荷でトルク0になるまでの回転数の変化が得られた(図1、図2)。 最大回転数は200rpmくらいで、従来のdynami…

OpenFOAMライブラリ開発2

~/OpenFOAM-2.2.x/src/dynamicFvMesh/solidBodyMotionFvMesh/solidBodyMotionFunctions/rotatingMotion/rotatingMotion.C(.H)を参考にライブラリを作ってみた。 オリジナルは、時刻tとdynamicMeshDictから読み込んだ角速度、回転中心を用いて、 // Rotation …

OpenFOAMライブラリ開発

OpenFOAMでpimpleDyMFoamなんかの場合、回転数は固定になるため、例えば風車や水車のような動的回転数変化を考えることはできない。 回転メッシュのライブラリを見るとeulerAngleを計算する場合、時間×回転速度になっているようで、外部のプログラムと連携し…

SU2

スタンフォード大で出しているオープンソースCFDソフトウェアのSU2というものを使ってみる。 (1)ダウンロード http://su2.stanford.edu/download.html 現在のバージョンは3.0で、フルバージョンであるSU2 SUITEと、教育用に一部簡素化したSU2-Edu SUITE…

寒くなってきました。

なにかしら1文書くことにします。

朝晩は秋っぽくなってきました。

夏らしくなってきました。

梅雨末期的様子ですが、セミが本格的に鳴き出し、昼はミンミンゼミ、夕方から夜にかけてはヒグラシが煩くなってきました。